ホーム > 採用情報 > 教育体制

新入社員教育

専門技術、一般教養、人間関係等について最低限必要な事項の習得を目的として入社後1年間実施します。

若手社員教育(入社後2年〜3年)

1年間の新入社員教育に引き続き中堅社員の育成を目的として若手社員教育を実施します。
(指導員を選任、個人別教育計画を作成し、教育を実施、定期的に実行計画をフォローします)
教育期間終了時に教育の纏めとして成果発表会を実施いたします。

階層別教育

それぞれの職務にあった管理能力の習得を目的として階層別教育を実施します。

社内技術者講座

社員の基本技術向上及び最新の技術習得を目的として社内講座を実施しています。
自分の技術力を向上させたい社員は自由に参加できます。

三菱重工業株式会社主催 技術者教育

当社の親会社である三菱重工業株式会社主催の各種技術者教育を受講できます。

研修

業務の必要に応じて、講演会、セミナー、学会発表を受講できます。

技術交流会

社員間の相互研鑽及び自己啓発の場として業務で得られた先進技術の紹介、研究開発成果、受講した講習会やセミナーの参加報告等をテーマとして、年2回、技術交流会を開催しています。
また、社外の講師を招き、特別講演を実施しています。

自己啓発

各種資格取得者(情報処理技術者試験、英会話試験等)に対しては、受験料+報奨金を支給して自己啓発による資格取得をサポートしています。

その他一般教育

技術教育以外に社会人として必要な以下の教育を逐次実施しています。

個人情報保護方針サイトのご利用条件弊社への問合せ先サイトマップ

このページのトップへ